そもそものそもそも

いつまで続けられるだろうねえ

物語と私(前篇を読んでから見てね)後編

こうやって、机に座り文章を書く。書くこともないのに、書ける時間は(今現在)5分もないのに、体調も恐ろしく悪いのに、とりあえず書く。ここになんの意義があるだろうか。実益がそこにあるのだろうか。いや、逆なのだろう。書くことでしか、解決ができない…

物語と私(いかにも国語の教科書的なタイトル)前編

今から書くことは愚痴とか弱音の類であろうと思う。笑えることに、書く内容もよく決まってはいないのだが。だが、これより綴る文字を無根拠ながら公開したいと判断したのは確かだ。 去年の今頃から物語を鑑賞しなくなった。 全くという程ではないが、三か月…

人並みな幸せから繰り出される健康な人生

久しぶりだな! 作品が終わったので戻ってきたぞ! プロットのストックがないので、1作品書き終わると手持ち無沙汰 になってここに舞い戻ってくる羽目になる。 次の作品はプロットを綿密に書いてみようと思ってるからブログは 結構書くかも。ここは作品がす…

行くべきだ。しかし待つことしか出来ない時もある

このブログの更新頻度が上がってきているときは書くことがない時である。本当は作品に取り掛かりたいんだがなあ! とりあえず僕が立ち直るまではお付き合い頂きたい。 しかし不思議なものだ。精神的な問題はないし、やる気がないという訳でもない。ただアイ…

一瞬を切り取り、永遠を広げ、狭間だけが残り

今回は前回に引き続き「書くことはないがとりあえず書くシリーズ」の一つです。それではどうぞ。 こうして文字を打ち並べること。言葉が意味を成し、無意味と共に連なること。自らの詩性に耳を傾けること、論理を一つの書として体現すること。全て言い方を変…

回るメリーゴーラウンド、ラウンドゴーメリー回って

最近、原因はわからんが停滞感が半端ない。別につまらない感じはしないし、ひどく悲しいわけでもないし、文章や音楽を鑑賞することを極端に怠ってはいないのだが…… 作品へのアイデアが出てこないのだ。今も「文章を書く気はあるが書くことがない」状態に陥っ…

病は気から、気は病より、というわけでリッスントゥミュージック

インフルだ! 3年ぶりくらいかな? 僕は一年に一回は風邪とかで寝込んでしまうが、去年はそれがなかった…… と思ったときにこれだ。こいつは参った! 今週の土日に実家帰ろうと思ったら怪しくなっちゃったし、被害は甚大だ。 発症から5日ほど経過してほぼ回復…

今年の抱負は、自分の中で一番素晴らしい「他人の抱負」です!

次回は未定と言ったな? それは今だ! 最近小説が一本書けて、次のアイデアがないためブログをせっせと更新することにしよう。 明けましておめでとうございます、新年ですね。今年の抱負は「特にない」です! 以上! いや思うんだが抱負っているのか? 「今…

天気の話でもしようか、それとも政治の話でもしようか?

久しぶりだ…… ブログというものには全く手を着けなくなってしまった。復活する気はないが、気まぐれに書くのも悪くない。 みなさま! どうしているだろうか。敵なき戦いに明け暮れているのか、何もないところで埋没しているのか、屹立した砂城をただ眺めてい…

罪を感じるなら散歩に行こう

初めて、五月病にかかった。ゴールデンウィークが明けたら、猛烈な倦怠感に襲われた。早起きも出来ず惰眠を貪る日々であったが、ようやく脱しつつあるのでブログでも書くことにした。リハビリだね! それにしても時間とは残酷なものである、最近誕生日を迎え…

社会をガン無視したいですよねえ

おはようございます! それではいってみましょう! 実に快調な滑り出しだが、みなさんは快調だろうか。日々の対応に追われすぎていないだろうか。今回は「社会、反社会」について考えてみようと思う。 「社会なんてくだらないぜ」とアーティストは言う。「社…

考えるほど暇ならモンストでもしよう!

ああでも、それでも、だけれども、でもでも、しかしても! という訳だ。調子はどうだろうか。僕はやたら眠い。仕事から帰ってきて三時間くらい寝て、日が変わるくらいにまた寝る。これではなんもやりようがない。ひどい一日の循環だ。こういう人がいるから糖…

チクタク、チクタク……って擬音考えた人はセンスあるよね

時間だ。 さて僕は、名詞をただ言い切ったのか、もう切り上げ時という意味で言ったのか、どっちだろう。「ただの時間だ」とか「もう時間だ」とでも言えば用意に判別が付くが、これだけの情報では分からない。さてはなにおき、時間だ。最近、時間の経過がひど…

やり方さえ分かれば後は簡単さ!(嘘つけ)

堀江貴文が最近人気っぽい。本も売れてるようだし、セミナーも開いているようだ。僕は嫌いなのだが、本を読むのもめんどくさいのでAmazonのレビューを見ていたら面白いのを見つけた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1つ…

自意識から宇宙へ抜け出よう!

今月は調子がいいからさらに書いてくよ! 意識と脳について、めざましい進歩があるようだ。それに対して「希望も喜びも脳のニューロンの活動で生じるものに過ぎないのか」と悲しむものもいる。神経科学者ラマチャンドランはこれを否定する。引用してみよう。…

なんとなく書いた詩

なんとなく詩を作ってみた。ほとんど全くの無意識で書いた。 人生の憂さを晴らしに行こう。物憂げな魂と共に。鎮魂の歌の節回しで。節操も一切なく。切なげだけど逞しく。不逞の態度で慎ましく。慎重な足運びも今日で終わりさ。終末が習慣さ。習い事を辞退し…

この先色々あるだろうけど、選ぶのは一つ ただ知ることさえできない、さあ行こうこのままで 

このブログを書いているときはやる気がないときだと思ってもらっていい。まとまった作品を書くときがないときに書いているからだ。今回はもっと酷く、やることがないため暇つぶしで書いている。暇つぶしと言えば、「人生は死ぬまでの暇つぶし」というニヒル…

徳川家康の作ったオムライスはどんな味?

ネタがない。ネタがないのだ。 これは一大事だ。ネタがなくては文章が書けない。頑張ろうといった手前、文章を書く機会を増やそうと思ったわけなのだが、ネタがなくては書くことも出来ない。小説も、批評も、途中で止まっていて暗中模索だ。そのため、ブログ…

第二章は迷走していましたね

このブログでは日頃思っていることを綴っている。最近は頑張ることの否定が主なテーマだった。たしかに、頑張ることにはなんの意味もない。でも最近、頑張ってみようかとも思った。一昨日の記事を書いたときそれをふと思ったのと、友人の言葉がきっかけだっ…

若いころは馬鹿してたんなら、今も馬鹿しろよ!

帰省してきた。今回はなぜか夏休みのときと比べてひどく懐かしく感じた。単純に時間が空いていたのもあるが、冬なのもあったように思う(東京から山形に着いた瞬間雪が積もっていたのは分かっていても心を動かされた)。それもあってか、山形で印象に残って…

世界と現実の差異、主体と人生における関係性と両者がナラティブを学修することで得られる永続性について

タイトルはかっこいいことをいいたいだけです、それではどうぞ。 どうにも、俺は盲目的になれない質のようだ。 そう思うのは特別なきっかけがあるわけじゃないが(思考や行動に動機を求めるのは『不純』だ。現実は道徳の作文でも就活の『大学生活で学んだこ…

怒りの広島第二章(広島への風評被害が深刻)

やはり、俺は怒っている。 鬱憤なのだ。憤懣は尽きねども、発散する場がない(そういいつつ文章を書いている。なら文章に怒りをぶつけているわけになるから、言語化した瞬間に矛盾化するのだ)。この前は分からないだったが、今は「くだらない」だ。俺の本質…

怒りの広島第一章(続かない)

※注意! いつもより文章が乱れています! 考えないで書いたせいです! 俺は怒っている。様々な要因が考えられようが、自分に才能のないことにまず怒っている。今日クラブMCをしている友人のプレイを観に行ったが、渋谷のかなりでかい箱のメインフロアで堂々…

多数派と少数派のデスマッチ

おはようございます! それじゃあ今回も行ってみましょう! 謎テンションのスタートだが、結局はいつも通りだ。しかし、人生とはそんなものでしかないのだ。 以前書いたことをちょっとまとめる。 多数派は、無自覚に社会に順応できるが故に、無自覚に少数派…

常識VS主観のデスマッチ

久しぶり。相変わらずの月2ペースだよ! 今回の議題は「理不尽」です! 明るい調子の割に歪んだテーマだが、まあいい、いつものことだ。 まず、理不尽に感じる時はどういうときだろう。これは理不尽だろうか。 「最近髪切ったんだ」「そうなんだ! じゃあ死…

首を後ろに向けたとしても

いい感傷性とはなんだろう。何回も何回も書いて考えたが、やっぱり最初の「幼稚なナルシシズム」が一番正確な気がする。こう書くと物凄い悪口に聞こえるが、僕からすれば最大限の賛美なのである。ナルシシズムとは、極限まで自意識過剰になることだ。自意識…

第二部のテーマが分からねえ

最近月2更新になってしまい、俺のやる気のなさが伺える。しっかりしよう。 第一部完! なんて言ってしまったせいで、今まで違うことを言おうと画策しすぎてしまい更新が遅れた感はある。一時期今までの理論を活かしつつ、自分自身のことを主観的に書こうと…

第一部完!

散々書いてきた、無意味と空虚の問題。生に意味がなく、全ての行動は客観的な価値を持たない。極限の空虚こそ人生であり、その中で人は主観的に価値をつけていく。例えそれが幻想であっても、自分の目には「そう見える」。なら、それでいい。そうとしか見え…

もしも、人生が今より充実したものであったなら

このブログっていつから始めたっけ?」と思って調べたら九月だった。もうすぐで一年だ! 意外と続いているものである。更新を思い切りさぼってる時期や、実際最近はあまり更新していないが、続けてはいる。なんとなく今回は近況をだらだらと書く回にすること…

気まぐれの果て、僕が立っている(リアルに感じるときはいつも、僕は他人に唾することができる) 

うーん、最近よくわからん。なんかもやもやした感じがするのだ。怠け気味だが何もしていないほどではなく、かといっていつもよりは冴えていない、微妙な感じだ。たんに疲れているのもあるだろうが。なんとなく今の底流にあるのは、「途方もなさ」な気がする…